現役ボディビルダーの私が体作りで1番大事にしてること

その他

こんにちは!管理人の大林です。

今回はタイトルの通り、私が体作りにおいて一番大切にしていることについて説明します。

今はインターネットやSNS等に食事やトレーニングの情報が溢れており、どれが自分にとって良い方法なのかわからない方も多いはず。

今回はそんなトレーニーの皆さんが食事やトレーニング方法を決める参考になればと思い書いています。

  • 一番大事なことって何なの?

結論から言うと「継続」。これに尽きます。

そんなん当たり前やんけ!

と思う方も多いと思いますが、理想の体になるまで続かないからパーソナルトレーナーという職業が成立するんですよね…。

 

  • どんな方法も続かなければ意味がない

ボディメイクが続かない人の特徴に、「効果があるかどうか」という観点でトレーニングや食事プランを立てようとすることがあります。

体づくりはマラソンのようなもので、どんな効果的に見える方法でも成果が出るまである程度長期間継続しなければ見た目は変わりません。

そのため、「自分が一番無理なく続けられる方法」が一番効果的なのです。

私が採用しているリーンゲインズやプッシュ/プルの2分割といった、一般的なセオリーとは外れた方法も「継続」を1番に考えた結果なのです。

 

  • なぜ「続けること」にこだわるのか

それは私の過去の苦い経験に基づいています。

実は私は3年前うつ病にかかり、当時の趣味を一切楽しめなくなってしまったことがあります。

この経緯については別の記事で書こうと思いますが、マラソン、トレラン、ロードバイク、釣り、声優ラジオ番組の視聴…これら全て辞めてしまいました。

今でこそロードバイクは少しずつ乗るようになってきましたが、その他の趣味は当時を思い出して辛い気持ちになってしまう為いまだに復活していません。

そんな経験があるので、競技として取り組むぐらい大好きなボディメイクもストレスでいつか辞めてしまうのではないかという恐怖心があるのです。

 

  • ボディメイクはストレスだらけ

体づくりはストレスとの戦いです。

  1. そもそもトレーニング自体が体へのストレス
  2. 食事管理
  3. 仕事の都合などで予定通りにトレーニングできない
  4. ジムが混んでいてやりたい種目ができない
  5. 思い通りに体が変わらない

など、パッと思いつくだけでもこれだけストレスの要因となるものがあります。

これらのストレスが強ければ強い程継続する難易度が上がっていくので、

いかにストレスを軽減していくか 

がボディメイクを続ける上で重要になってきます。

 

  • どうやってストレスを軽減していくか

とはいえ完全ストレスフリーの生活をしていても体は変わりません。

そこで上に挙げた5つのストレスを軽減するために私が意識していることを説明します。

1. トレーニングで追い込み過ぎない

1つの筋肉に何種目・何セットもかけてしまうトレーニングは逆効果。やればやっただけ成果が出るのはステロイドユーザーだけです。真面目な人ほど頑張れば成果が出ると考えてしまいがちですが、実は頑張らない方が良い場合も多いのです。

2. 食事プランに柔軟性を持たせる

食事内容を厳密にするほどストレスが強くなってしまいます。摂取カロリーや3大栄養素など、ある程度きちんと管理しなければならないのは事実ですが、たまに外食したくらいで努力が水の泡になったりしません。

外食になったら割り切って楽しんだり、あえて食事制限から自分を解放する日を設けたりするのも効果的です。

3. 忙しくてもとにかくジムに行く、種目に優先順位をつけておく

仕事や家庭と筋トレを両立している以上、どうしても時間的に予定通りのトレーニングをこなせない場面が出てきます。そんな時、「時間がないけどベンチプレスだけでもやろう」と気持ちを切り替え、限られた時間で最大限できることをするという考え方が大切です。

4. 代わりの種目をあらかじめ考えておく

バーベルが使えなければダンベル種目やマシン種目に切り替えましょう。いつもと違う刺激を与えることで筋肉の成長にもプラスになります。

5. 数字で変化を把握する

自分や人の目は主観に左右されてしまう為あまりアテになりません。体重やおへそ周り、太腿周りなどのサイズを定期的に測って記録していくことで客観的に体の変化を知ることができます。

  • まとめ

薬物を使わず納得する体を作り上げるにはそれなりの年月がかかります。だからこそ無理なく継続できる、自分に合った方法を探すことが一番大切なのです。なかなかトレーニングや食事が続かないと悩んでいる方は、そもそも継続するのが困難な方法を選んでいないか、ストレス過多になっていないか見直すことをお勧めします。

 

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました